淋病 治験コーディネーター

オリンピック、パラリンピック情報いろいろ!

オリンピックは「劇場型」で魅せる! 〜泳ぐマラソンレース〜

 

 

 

 

 

 

 

 

海や川、湖などの自然環境を舞台に泳ぐ、

トライアスロンの水泳の部分が独立したような、水泳競技。

 

 

 

 

それが、『オープンウォータースイミング』 である。

 

 

 

 

プールで泳ぐ通常の競泳種目とは異なり、

選手同士の身体接触や、駆け引きが数多くみられ、

潮の流れや波の影響を考慮したレース戦略を練ることから、

別名、『泳ぐマラソン』 とも言われている。

 

 

 

 

この、オープンウォータースイミングは、

国際水泳連盟が承認している、5つの水泳競技種目のひとつで、

1991年からは、世界水泳選手権の正式種目となり、

2008年の北京五輪からは、オリンピックの正式種目となっている。

 

 

 

 

世界水泳選手権では男女ともに、5km、10km、25kmの、

3種目が実施されているが、オリンピックでは男女共に10kmの種目が、

『マラソンスイミング』 という名称で実施されている。

 

 

 

 

北京オリンピックで、マラソンスイミングの会場となったのは、

ボートやカヌーといった競技と同じ、人工貯水池として作られた水上公園。

 

 

 

 

カヌー競技の、『フラットウォーター種目』 が行われる、

この人工池の水面は、全く波のない極めてフラットな状態。

 

 

 

 

この中を男女各25名の選手たちが、

まるで巨大プールのような水面に設置された、

1周2.5kmの、四角形のコースを、

約2時間かけて4周回し、初代オリンピック王者の座を競った。

 

 

 

 

海や湖ではなく、このボート・カヌー会場が、

マラソンスイミングの会場に選ばれたのには訳がある。

 

 

 

 

それは、2006年8月の、国際オープンウォータースイミングのセミナーにおいて、

オリンピックと世界選手権に限っては、自然環境を泳ぐことにこだわらず、

集客が見込め、スポンサーメリットの高い会場で開催することが、示唆されていた。

 

 

 

 

トライアスロンにも複数の形式があるように、オープンウォータースイミングにも、

自然環境を泳ぐ、”従来型” と、競技を魅せることに特化した、

”劇場型” の2つが並立していくのかもしれない。